旅行に行く!

大好きな旅行を、地域ごとで集めてみました。

なかなか行く機会のないアフリカなどまだまだあまり知られていない、魅力的な地域情報の旅についての体験談など豊富に集めています。

またリゾート地について海外だけでなく国内のリゾート地沖縄や伊豆などのリゾート観光地の情報についても紹介しています。

■免責事項
当サイトの情報は多くの方の体験談などを元に構成されています。そのため情報の最新性や確実性を保証するものではなく、利用者様各自の責任の上ご活用ください。当サイトは各旅の情報・リンク先の情報について一切の責任を負わないものとします。


リゾート物件選び(国内例)

リゾート地の物件選びのコツとしては、その別荘がどのようなタイプなのかを知る必要があります。
つまり、別荘地の環境がどのようになっているかというものです。

「複合リゾート型」というリゾート物件があります。このタイプの場合、別荘用地以外にも、マンションがあります。
このマンションというのも別荘です。どちらかというとリゾートに主眼を置いたタイプといえましょう。
敷地内にはゴルフ場があったりスキー場もあったりします。
概して大型のものが多く、非常に賑やかとなっており、その中だけで全てが完結してしまうといっても過言ではありません。

次は「純別荘地型」と呼ばれるタイプです。別荘と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは、このタイプではないでしょうか。別荘用地がほとんどを占めており、マンションタイプはほとんどありません。

複合型と異なり、敷地内にはスキー場やゴルフ場はありません。にぎやかさはない分、非常に落ち着きのある環境となっております。とはいえ、ちゃんと常駐管理もなされていますので、セキュリティ面などでも心配はありません。

こちらも複合型と同様に、囲い込み型ですが、敷地内では全てが完結しないので、外にでる必要があります。

ちなみに国内のリゾート住まいをする上で、非常に人気のある伊豆のエリアの魅力は温暖な気候、きれいな海、そこからの豊かで新鮮な海産物、豊富な自然など挙げればきりがありません。中古物件などを探せば、手の出やすい価格帯の物件も多く、検討される方も非常に多いです。伊豆の不動産を検討するのであれば、地元で古くから不動産業を営む参考サイトのような伊豆エリアの物件を豊富に取り扱っているところに依頼するとよいでしょう。温泉に毎日入れる物件や海が一面眺望出来る物件などでも、地域の情報満載の会社なの条件を伝えれば、しっかりと案内をしてもらうことが可能です。

旅行に便利なレンタル携帯

レンタル携帯またはレンタルスマートフォンというサービスを皆さんはご存知ですか?
最近注目を浴びているサービスで、レンタル携帯やレンタルスマートフォンのサービスを提供する会社が増えています。
そもそもレンタル携帯って何?という質問はあまりないでしょうが、その名が示す通り携帯電話をレンタルすることができるサービスです。
レンタルで携帯を持つメリットは、まず、個人情報の保護性が高いということがあげられます。扱いとしては私書箱に似たようなもので、副業などの別な用途に用いる目的で導入することは多いらしいです。また芸能人やモデルの方などの契約も多いようです。
そしてもっとも需要が多い分社では海外旅行での活用があげられます。海外での携帯電話の 使用に際しては、自分個人の携帯電話よりも料金が安い場合や、トラブル時にレンタル携帯会社が対応してくれるなどのメリットもあるようですよ。
また雨後の竹の子のようにレンタル携帯サービスを提供する会社が増えているようですが、情報の流出なども怖いことなので、携帯電話やスマートフォンを借 りる際には、信頼できるレンタル携帯会社で借りることを強くお薦めします。

マリンリゾート沖縄

昨今、LCA格安航空会社の増加で、今まで以上に行き易くなってきた国内屈指のマリンリゾート沖縄ですが、多くの方は海に近い那覇市以北のリゾートホテルを選ばれると思います。

でも、送迎バスで行くか、レンタカーを借りて行くか、ですよね。
送迎バスでは、そのリゾート以外への観光はしにくいし、レンタカーは免許のない人では借りられないし。
あるいは、仕事帰りの夜到着の便で行かれる方は、到着日の夜は、那覇空港からタクシーやゆいレールで行ける範囲のビジネス旅館を選ばれる方もいるでしょう。

ゆいレール、路線バス、短距離のタクシーだけで、マリンリゾートも世界遺産も史跡の数々も国際通りも行けるリゾートがないものか。
私のお勧めは、2013年に開業したばかりの瀬長島にある琉球温泉瀬長島ホテルです。
その名の通り、温泉が売り。

地下から汲み上げた天然温泉での、海辺での源泉かけ流し露天風呂のある宿です。
また全室オーシャンビューで、真っ青な海と、サンセットが眺望できます。
瀬長島は那覇空港の南端に接する小さな島で、島全体がリゾートになっています。
また、数百mの橋で本島に渡れば、那覇糸満間の、1時間に数本もある本数の多い路線バスの停留所もあり、県庁前やあしびーな、ひめゆりの塔へのアクセスも容易です。

県庁前まで出ればゆいレールで世界遺産首里城や巨大DFSのあるおもろまちへも簡単にアクセスできますから、まさにレンタカーいらずです。
車が運転できないからと、沖縄旅行をあきらめている方にはお勧めの宿です。

 




↑ページトップへ戻る